電撃4コマvol'197徒然に感想

ゆとり「ちいさい奥さま」

  • ご懐妊というのが確定的になって、ちょっとその事を調べに図書館に行こうという回。こういうの調べるの大変だよね、というのであるあるネタではありますが、それが妊娠関連だというのがなんとも。変な方向に進み始めたな―。
    • 図書館でゲームの攻略本が! というのでそこにあるドラマを考えるあーちゃんさんマジオタ。ついついそういうの考えてしまうのがオタというか。でも、確かにミニマムだけど力強いドラマがあっただろうなあ。
    • あーちゃんさんのネットでの本の買い方が大変剛毅で、流石に金があるのだなあ、とか。俺も金気にしないで漫画大量に買い込みたい。本を買い込みたい。相当の快楽がありそうだよなあ。

宮須弥「enjoy! ネットぴーぷる」

  • 特定ゲーム回、ですがちょっと昔のゲーム、『ドラゴンズドグマ』回。昔やったゲームを再度やる、というのは珍しいなー。
    • でも、そういうのを最初からやってみて、やっぱり楽しいなあ、するのっていいなあ、とか。皆楽しんだゲームを、またやっているのを見て、俺も俺も、するのというのはなんだかいいなあ。とか。面白いが伝染すると言えばいいのか。そうのがいいんですよね。
    • 低レベルで、いける、いける、するミカさんの微妙なマゾプレイはお笑いだったぜ。でも、分かるわー。強い時には楽勝で行けるから、スキルついてるやれるやれるって思っちゃうもんなあ。
    • そう言えば、最近この漫画オリジナルのネットゲームしてないですが、DDもある意味ネットゲーなので、いいんだ、という気付きを得ました。そうか、そう考えればいいのか。成程、ネットぴーぷるってそういう意味なのか。(小並感)
ちゃんとパッケージに入れて保管しておかないから……
  • 基本パケに片づける派な私ですが、でも他のパケに入れる気持ちも分かります。覚えてる覚えてる、って思っちゃうんですよね。でも、全然覚えてないと言う。一つだけならまだしも、連鎖的にやってると本当に分からなくなるから、気をつけた方がいいですよ、ミカさん。まあ、それでなんとかなるならミカさんじゃないですけども。

倉糖良菓「ジュークエイド」

  • マドノとレンがとうとうダブルスをやってみる、というので丁寧にその辺の諸問題を片づけていた印象です。丁寧だけど時間かかるなー、とも思ったりしますが、それゆえにちゃんとした納得度であります。
    • レンくんはちゃんとした男の子なんだなー、というのが大変良いですね。盟くんが全然耐えていられるという凄い漢だ……。なのもいいと言えばいいんですが、レンくんのそれ、ちょっと大金時殿が立ち上がるから気を紛らわさないと! は大変分かる。男の子だもんね。今後がどうなるか分からないにしても大変そうです。
      • 盟くんの方は盟くんの方で、ユーリさんが近い近い! になっててどうなるのやら。あっちはあっちで大変そうだ。
        • ちゃんとマドノさん達が入ってくる意味を考える、と言う部分で、お互い違う意見が出て良かった! というのいいんだ。その後抱きつくのがどうなんだ。前回の気づきがあるからか、ユーリさん本当になんか近いんだよなあ。だからいいんだろうけども、でも、盟くん今後本当に大変そう。立たないかしら。←おい

斉藤和衛「子供模様」

  • 夏の一日。全体的にこういう一日ってあるよねー。という雰囲気が大変いい物でした。たまにこういう好返球があるよなー。
    • 眼鏡さんがウル4が出来るー! でテンションあがってて可愛かったです。海外アカで買ったらやれる! ってそれちゃんとした発売日じゃないですからー! 人の事言えないんだけどー! ガチ勢だからなあ、眼鏡さん。
    • DDDAに対してオチがないのでアイエッ!? ってなったけど、そうそうネタになるようなオチはないですよねー!
    • しかし、アオイさんはマコト君に対してやたら近しいんですけど、あんな女の人が近くにいたら、色々今後大変だろうなあ、マコト君。到達したらヤバイよな、第二次せ、なにをするきさまらー!?

こもち「我が王に願う」

  • るうのいた世界に行ってみようか、と考えている彬さん。その情報を探る彬さんでしたが……。
    • ちみっ子に聞いてみたら「何を、さぐってるの?」とかなりのマジ顔されるし、牡丹さんに言ったらその世界が大体面倒くさそうなのが分かったりとか、どう考えても貧弱一般人では行くのは厳しい場所ですが、どうするんだろう。
      • ちみっ子は元は案外危険人物だったのが前から出てましたが、今回のマジ顔で、やばいな、と肌で理解するなど。こいつ、ヤバイ!
      • 牡丹さんは相変わらず彬さんをどうしたいのか。主君として仕えたい欲望があるのか。でも、貧弱一般人だから育ててもスキルそこまで上がらないと思うんだけどなあ。その辺が良く分かんないだよなあ、牡丹さん。
み、未婚だ!!!
  • 圃邑君はどこへ行くの? というか基本って言われて未婚だ! ってお前一体何を考えてるんだ! どういう基本なんだよその情報!
    • 前回辺りからの圃邑君の彬さんへの態度が一変し過ぎてもう。ヒロインですかあなた状態ですよ。もうー!

野月楓「ゲマママ」

  • みんなー! ねぷねぷだよー! と言う事でこれで三回連続で萌え萌えな要素の強い、特定ゲーム回でありました。今回はのわのわらしいですが、しったことかー! と言いたい。いつもの事だから言っても意味ないけど。
    • のわのわ、好きなキャラクターを使うプレイが楽しそうです。でも、女神になる前のが好きなんだよ―! とかこのキャラ使いたいんだよー! とかこだわりがあると大変そうです。それもまた楽しみなんでしょうけど。実際ラビ楽しそうだし。
    • リリィブースト! なんと聞こえの良い言葉か――――。というか、萌え萌えなゲームの萌え要素とゲームシステムの融合の傾向ってどんどん余人には及びもつかない方向性に向かっているなあ……。
    • VITA新型欲しいけど、昔の古傷が、というので笑うなど。そうだね、買ったと思ったら値下げになったのは本当に運が無かったよね、ラビ。あれはある意味最高のネタだったけど。
俺のおさがりって女子にはご褒美じゃないの!?
  • んなわけねーだろ……。モンガの言う通り、罰ゲームです。本当にありがとうございます。
    • とはいえ、新型買ったらお下がり欲しいなあ、という優さんには十分ご褒美ではありますが。ラビのでもいい、って辺りがのどから手が出る程感ぱない。

北浜勇介「ゲ〜まん」

  • 肩こり話。動かない系は確かにこりっこりになりますヨネ。
    • ノってたら休憩出来なくない? はゲームしてたら、で喩えられると然り、然り! と思ってしまうからもうダメ。ゲーム関係に喩えられると弱いのがゲーム系の人の基本的なあるあるです。どうしてもねえ、そうだそうだ! ってなるのよねえ。
      • 運動しながら描けばいいのよ、って鏑木さんの発案はどう考えても脳筋以上の何かを感じます。ダブルタスクとかそういうチャチなもんじゃない!
    • 立川さんの肩こりが鋼鉄化していて、真名園さんイヤーッ!ってやっても効かないとかには流石に恐れ慄き。堅いとかそんなもんじゃない!?
    • その肩を揉んでいた鏑木さんのパワーを、全く見誤っていた地井君はウカツ! そして引き起こされる大惨劇! ブッダ! 寝ておられるのですか!?
…納得できないわー
  • ですよねー! 貧乳枠ですものねー! おおっぱいが肩がこるなんて都市伝説ですよねー!

椎名春日「SW7年目」

  • 仕事じゃー! 仕事なのじゃー! と言う事で繁忙期に入った木下さんがぐるぐる目になる回でありました。
    • 仕事はきっちりしつつ、駄弁れる所ではきっちりして息抜きする木下さんと先輩マジ社会人。でも、大体木下さんが一方的喋ってる感がありますから、一番社会人は先輩ですね、分かります。
    • ゲームのミニゲームが埋めプレイを阻むのー! は大変理解出来ます。アドベンチャーは特に他にミニゲームを入れて目先を変えるってやってくるジャンルですから。なんか異様にきついミニゲームが頻出した『さんまの名探偵』を思い出しました。
      • パラメータ調整系だと小悪魔系になる、もなんか良く分かると言うか。クリアさせ方の方も特別なキャラ以外は大体ある程度他のパラメータの流用が可能な場合多いですヨネ。だから効率プレイするとどうしてもあちらこちらになる、というのはあるあるですよ。
  • 木下さんが後輩に勧めたリズムゲーってなんだろう。2〜3月になんかあったっけ?

入選作

  • あるゲーム世界のお話。その辺にラスボスが歩いてる、プレイヤーがゲームしてない間は暇、という緩さ加減が好みです。

電撃4コマ感想