ネタバレ感想 内藤泰弘 『血界戦線 Back 2 Back』7巻

血界戦線 Back 2 Back 7 ―災蠱競売篇/壱― (ジャンプコミックス)
血界戦線 Back 2 Back 7 ―災蠱競売篇/壱― (ジャンプコミックス)

 大体の内容。「ヘルサレムズ・ロット最大最悪のオークションが幕を開ける!」。先に言っておくと、幕を開けるなのは当然で、実はこの巻は上巻扱い、つまり次の巻に思いっきり引っ張っていかれます。え? 8巻って明日発売じゃないの? くらいの悪魔の引きでとにかくヤバい。それが『血界戦線 Back 2 Back』7巻なのです。
 今回のお話は、世界崩壊幇助器具、カロプス人蟲をめぐるドタバタです。以前出た世界崩壊幇助器具だけでちょっとした大混乱という意味不明な大事が起きたり、同じく世界崩壊幇助器具、終天圧縮時計が人の形を成したりと本当に大変だったのですが、今回のカロプス人蟲のヤバい点は、その性能、100人の人を入れて殺し合いをさせ、人蟲と化させる、というのでは、それもそれでヤバイのですが、なく、それ以上にこの厄種が公開オークションされる事にあります。
 オークション! 金さえ積めば、この世界を崩壊させかねないとされる器具が手に入る! というのでヘルサレムズ・ロットのみならず世界中から好事家(婉曲表現)が集う、ということになり、状況はしっちゃかめっちゃかになっていきます。
 このオークション、勿論普通にやろうという勢力もいますが、強行に手に入れようとする勢力も当然あります。これが二つあり、一つがアメリカの特殊作戦チーム、もう一つが終天圧縮時計の擬人化の率いる”強欲の狂人達(グリーディナッツ)”。これが始まったオークションに殴り込みをかけていきます。特殊作戦チームは唐突なのにアメリカならさもありなんだったり、擬人化の方は、つか戻ってきてたんかいわれえ! まだ世界崩壊幇助器具狙っとんのかいわれぇ! だったりします。
 勿論オークション運営サイドもそういうのが出るのは予想範囲内。番犬を持って対処します。それが血界の眷属、タイクーンブラザーズ! って、ブラッドブリードを用心棒に出来るってどうなってんだ!? 案件です。色々とただのオークション運営ではないとは、その登場から売る商品からでわかっていましたが、まさかブラッドブリードを子飼い、ではないにしても用心棒には出来るだけの何かがあるとは……。と言う感じで驚愕しっぱなしです。
 この、強行する二勢力と、二体のブラッドブリードの争い、というのが巻の後半から開始されますが、今の所どっちも格が下がる雰囲気はなく、勝敗が全く見通せない状態で次の巻だぜ? されるんですよ。内藤泰弘おおおおおお! ってなりますよ。この生殺しであと半年は待たないといけないの? 何なの? 罠?
 さておき。
 調停者側のライブラの方は、アメリカのお上の影響で、若干動きを封じられた格好になってしまいます。ある程度の場所というのは分かっていたんでしょうが、それでも結界をきっちり張ったところに特殊作戦チームにそれを破られ、這う這うの体で逃げる形に。ついでにクラウスさんは捕まってしまうという、この漫画としてはかなりの危機となってしまいました。敵対相手でない相手でこうなる、というのが趣きの深さを叩き込んできますが、でも、そうなるとどうなるんだろう。ブラッドブリードいるのに、それに対する最大戦力が封じられている、ってのは。早く続きを読まなくちゃ、読まなくちゃ……。←錯乱
 さておき。
 この巻では最終的に特殊作戦チームも”強欲の狂人達”も、カプロス人蟲まで辿り着く前に、それは落札されます。で、どうなるんだ? ってところでとある二代目の登場と一閃で先が分からないにも程があったのに更にもう一段混乱をぶっこんできます。えーと、それ色々ヤバいんじゃね? しか言いようがない状態です。どうなるんだこれ。続き、続きいー! 内藤泰弘おおおおおお!←咆哮
 ということで、やたらヤバイやつがヤバい形でヤバくなったら、どうなるか。そこが開陳されるまであと半年ほどある、と思うとうふふ? ってなりますね? いや、本当にこれ話どうなるの? まさかの中巻の可能性まであるような、でもこの後は下巻で収まりそうな、そんな異様な手触り、感触がある、そんな災蟲競売編上巻なのでした。

 今月のまんがタイムきららチェックポイント(2019年12月号)

まんがタイムきらら 2019年12月号 [雑誌]

先に総評

 最近のきらら無印に満足できねえぜ……! と不満足さんされている方も多いかと思いますが、ワタクシもその類に入るというのが、現在のきらら無印の問題点であるかと思います。と提言めいた入りですが、最終的にはTYONE『謎のリリリス』が2020年2月号、つまり2020年1月発売号で連載化するので全ては丸く収まるのだ、と手王儲顔になる昨今、皆さんいかがお過ごしですか?
 とりあえず、現在の無印で一番好きなのが『謎のリリリス』なのでは? な僕。全体的に今月号だと中盤辺り、つまり『謎のリリリス』登場の後は流れでお願いします、なので本当に無印はテコ入れしないと、と外野特有の意味不明の立ち位置からの語りも入ってしまいます。
 今が端境期という見方をすべきか、衰退期という見方をするべきか。どっちにしても、無印がなくなったのに他のきらら誌が残っている、というのは楽しそうだな、それ!?
 とかなんとか。

個別チェック三連弾

  • かきふらいけいおん! Shuffle』
    • バンド対決! ということでどうすべ、と紫邸にて闇の集会を開く三人娘。基礎や! という真帆さんが、かえでさんの音を合わせるべきやで! の発言に前言を瞬時に撤回するとこが最高でした。お前基礎ゆうとったやんけ! と言いたい紫さんの気持ちにアクセルシンクロォォォ! しました。最終的にお互いの得手不得手を話し合ってコミュニケーションとってバンドとしての形を見つける、というベタながらだからこそだろうがッ! な展開でようございました。
  • 大熊らすこ『星屑テレパス
    • 瞬さんとの出会いを思い出す夢を見た海果さん。凹む記憶ながら目覚めた海果さんの前にはいきなりユウさんの姿が! ということで、ユウさんと語らうことで、どうするかを見定めていく。っていい話だなあ。言葉でもテレパスでも、伝えたいことをちゃんとすることだよ、っていい話だなあ! そう詰めてくるか! そして、瞬さんと海果さん、三度目の正直なるか? で次回に持ち越し。っていい区切りだなあ!
  • 荒井チェリー『むすんで、つないで。』
    • GW! 擬態JK倉石さんには荷が重い季節がやってまいりました。最終的に、小学生と遊ぶのがメインになりつつある点に目をつむる倉石さんの姿はお笑いだったぜ。薗部姓は相変わらずムーブが普通じゃないですな! そして、会話の流れでまだ他に当たりの強そうな、かのちゃんさんの友達の出てくる余地を出してきたので、この漫画どうなるかなあ、と楽しみが倍増しました。にしても倉石さん、ついつい本音で心配してたの最初だけで……。って言っちゃうとは。吐き出したかったか。そしてかのちゃんさんは天使か。いい子だー!

今月のワンワード

  • 湖西晶『下を向いて歩こう』から。

「私は貝の死骸が見たい」
「貝殻って言えよ」

  • それ言い方な!

 人生初ポケモン勢のポケモン記録 の4(ポケットモンスター ソード・シールド)

承前

 人生最初のポケモンを『ポケットモンスター ソード・シールド』に捧げたオタクの記憶であります。自分で後から読んで得心する為の記録でもあります。他人の目なんてきにしねえぞお!
 という事でそれではいってみましょう。

ダイマックス可能からのワイルドエリア初挑戦

 前回がホップとの対戦でダンデからジムチャレンジへのすいせんじょうをいただき、ついでに天からねがいぼしもいただき、という頂物連打だった訳ですが、今回は開幕からマグノリアさんからダイマックスするのに必要なバンドを頂く。眼鏡っ子からの贈り物。有難し。一生どこへでも、ついていきます! ってなりますがマグノリアさんはご高齢なのでそうあちこち行かないのですよね……、と訳の分からないことを思ったりなど。字義通りに行こうとするな。
 帰り道すがら、ホップに指笛の仕方を教わるなど。奴から、ご教授だと……、などと戦慄させられましたが、動きとしては中々使えそうだなあ、と。そういう知識をどんどん与えてくれていいのよ? むしろ教えさせてあげましょう。などと謎の視点から言ってみて、心の平均を保つなどしました。
 帰り道にトレーナーが立っていて、またぞろ!? となりもしました。一回戦ったら次はない模様で、その辺は安心。何度も挑めたら金がもりもり増えていいのに……とも思いましたが。
 で、駅でママンからキャンプ用具をもらいつつ、電車で次のエンジンシティまで一気に、などと、その気になっていた俺の姿はお笑いだったぜ。
 ということで、ウール―が線路をふさいじゃったので、ワイルドエリアの駅にで下車することに。つまり、ワイルドエリア初探索なのです! 近くの人から確実に逃げられるピッピ人形を頂き、一生どこへ(略)しつつ、ワイルドエリアへ。
 そこで、ソニアさんと出くわす。ちょっと燻ってないで旅してきなさい、ということらしい。マグノリアさん! って感じですね。可愛い孫には旅をさせよ! と勝手に思っておきました。
 ワイルドエリアは、初めて見るポケモンがおり、狩猟祭りじゃあ! と狩猟しました。目に着いたら捕まえるの超楽しい!
 しかし、ワイルドエリア、中々一筋縄ではいかない雰囲気。あちこちで気候が変動し、あちこちにダイマックスポケモンの巣があり、そこでW(ワット)が何故か手に入り、それ以上に普通にイワークとかが闊歩している。
 あの辺、強いんだろうなあ、と横目にしつつ、捕まえられそうなポケモンは捕まえる、というのをやりつつ、今回は終了の運びに。

動画

文章的にはさっくりでしたが、今回はこの辺り。
www.nicovideo.jp

 ネタバレ感想 福地翼 『ポンコツちゃん検証中』2巻

ポンコツちゃん検証中 (2) (少年サンデーコミックス)
ポンコツちゃん検証中 (2) (少年サンデーコミックス)

 大体の内容「地球を守る為に、今日も今日とて検証中!」。毎日更新される能力で、地球の危機を救えそうなのを見つけるのだ! というミッションをこなす水戸くんと夢咲さん。されど、青少年時代の男女というのは甘酸っぱいのおー! という側面もガンガン使ってくる漫画。それが『ポンコツちゃん検証中』なのです。
 この漫画がするべきミッション、というのと今回の巻は少し趣きが違います。というか、そういうのは1巻1話目できっちり提示されているので、そういう意味では2巻はそのくびきを越えないようにしつつ、水戸くんと夢咲さんがキャッキャウフフすることを魅せる。そういうある種眼福の世界が広がっているのです。
 本当に、2巻の、古のラノベ用語で言うところの<ラブあて>は素晴らしいです。まだ恋愛関係というものにはなっていないけど、お互いのことを気にしまくっている、というラブコメのビンテージが芳醇の時を迎えているのが、この2巻と言って差し支えありません。
 このラブあての圧が強いのが、ほぼ全部の回で相当の圧なんですが、それでも特段に、とするなら2巻最初の回、<検証その10 よく当たる占い>でしょう。あなたの恋人は、この啓示に当たる人、というのが提示されて、それを一々水戸くんが回収していく、ただそれだけと言ってしまえばそれまでなのですが、この、当たっている!? というのがかなり強引な解釈で、当たっているっちゃあ、そうかもしれんが! となります。
 しかしそれで当たっている!? ってなるのは、つまり夢咲さんとしてはそれで当たっていて欲しい、という願望の現れではある、と言えるのです。何のかんので、夢咲さんの中で水戸くんはそう言うのであってほしい存在である、という訳なんですよ! 立ち上がってますよ<ラブあて>が! ハイパーン!(机打)
 この気持ちが更に進んでいるのが分かるのが、<検証その16 夢と現実>。
 相手を夢うつつにする能力で、その時、寝ている相手は素直に答えてしまう、というので、水戸くんを眠らせ、普段聞けないことを聞く、というので、水戸くんの個人情報をガンガン聞き出していく様と、その時に夢の中だからと素直に夢咲さんカワイイな、という水戸くんにひょはー! ってなるとこが最高です。
 ここで相手のことがもっと知りたい、という欲求が、進展が出ているのが分かりますが、普通に聞いても話してくれそうなことばかり聞いて、自分のことが好きか嫌いかを聞かない辺りが夢咲さんらしい。でも、そこで水戸くんが素直に好きな人いるの? とか言い出してさあ大変。ああ、青い春!
 そんな蒼の力を全開にしつつも、一日一能力の基本は常に維持されます。
 商店街の七夕の催しの手伝いを、というわりとよくあるシチュエーションながら、その時の能力がサイコメトリーなことでその短冊に込められた想いを見る、という味付けと、手に取る短冊に一々絡んでくる敏夫さんというエッセンスで一気にバカ話として立ち上がってくる、というのに最後は水戸くんの短冊に込めた想いを読み取り、いい感じに終わる、という中々のアップダウンを見せてきます。ちゃんと能力を使ってバカ話からいい話に展開していくのです。
 また、<検証その20 勉強とモヤモヤ>も、成績下降気味の夢咲さんが水戸くんに勉強を見てもらう、というこの手の漫画では超よくパッシブされるタイプのイベントですが、そこにモヤモヤすると暗雲を召喚してしまう、という能力を加味することで、普通に勉強教えるだけで大変だ! という状況を作り出します。
 というか、モヤモヤ発生が超早くて、本当に勉強苦手なんだなあ、というキャラクターの側面を魅せる点もいいですし、それでも挫けない水戸くんの精神の太さも魅せる展開でもあります。能力的には一年後の隕石衝突には効果はないだろう、というのがすぐにわかっても、捨て回ではない、滋味なる積み重ねをきっちりしてくる辺りがマジでこの漫画好き……。ってなるところです。
 最後にこの巻で好きな回は、全部好きですが、特に好きなのが水戸くんの優しさ、良い奴さが爆裂する<検証その14 水戸くんとタヌ吉>です。これも、その人物が苦手な動物をが、目の前で動けなくなってしまったら、というこの手なら超ド基礎パッシブスキルな内容ですが、その動物が実は変身能力で狸に変わった夢咲さんで、というので一味違う仕上がりになっています。自分である、と知らせようと付きまとうけど、水戸くんはマジ無理。って言うのが積み重なったところで、狸の夢咲さんが自転車に轢かれるイベント発生! そうなっちゃうと、水戸くん、無視しちゃわないんだよなあ。最終的には、苦手の狸にしばらく居てもいいぞ、とか言い出して、こう、情にほだされるタイプだよなあ、らしいなあ。って思わされます。基本面倒見がいいというだけでも、いいキャラクターというのは、こういう地味な積み重ねなんだなあ、と思わされるのでした。
 そういう、積み重ねをきっちり出来る漫画なのが、『ポンコツちゃん検証中』なのです。と書いてこの項は終了!

 感想 服部昇大 『邦画プレゼン女子高生 邦キチ! 映子さん』3巻

邦画プレゼン女子高生 邦キチ! 映子さん Season3 (ホーム社書籍扱コミックス)
邦画プレゼン女子高生 邦キチ! 映子さん Season3 (ホーム社書籍扱コミックス)

 大体の内容「相変わらずのぶっこみ映画漫談!」。「はぁはぁ、どうやら邦キチのぶっこみにも慣れてきたみたいだ!」などとその気になっていた俺の姿はお笑いだったぜ。というくらいに、3巻ともなれば慣れる部分はあるものですが、それで高頻度で噴出してしまう場面に出くわしてしまう映画語り漫画。それが『邦画プレゼン女子高生 邦キチ! 映子さん』なのです。
 今回の巻では、とうとう洋一にライバルな奴が現れます。特撮を語ろうという部活を立ち上げた御影特則がそれです。特撮、というと邦画では一時期の栄華を極めたもの。今でも特撮ヒーローものの映画は毎年作られています。つまり、映子さんとの親和性が大変高い。それでなくても、妙な愛で語られる範囲であるというのだけで、映子さんがほいほいと付いていってしまうのでは? と洋一は危惧するのです。お前、それどういう矢印が生まれているか分かってのであろうなあ!? 案件ですよ。そんなものまで、この漫画は出してしまうのか。基本映画語り漫画なのに、その辺すら抜き差しならなくなるのか!
 そういう危惧はさておき、今回の巻で語るべき部分、と言うのは全部ですが、それでは散漫になるのでググっと絞り、ゴジラ回について見ていきたいと思います。
 ゴジラ回は都合二回あり、先述の特撮部も絡んでくる、この巻のメインイベントといえる部分です。ゴジラ映画は様々にありますが、その中で映子さんが一位に選ぶのが、よりにもよって『ゴジラ FINAL WARS』! ゴジラに疎い人が見ても無茶苦茶だった、あの!
 そして、良かった部分はいつものインパクト重視です。ドン・フライが真っ先に出てくるのです。確かにドン・フライの圧強かったし、一人だけ吹替玄田哲章だし、死にそうな配役なのに全くそんなことはなかったし、と、インパクトで語るとそこと、あと人対人の尺長すぎ! に目が行って、ゴジラについての記憶が飛ぶという謎の仕上げだったのを、読んでて思い出してしまいました。
 ちゃんとゴジラも頑張ってたんですが、X星人のノリがどんどんおかしくなって「ガイガーーーン! 起動!」で振れ幅最高潮に達したりしてたのが記憶に残り過ぎるんですよね。地味に妖星ゴラスまで出てくる東映特撮オールスターなんですが、ネタな記憶ばかり残る。そういう映画だったと、再確認させられました。
 一位があれば二位もある。ヘドラゴジラ飛翔体がGOOD)やメガロ(ゴジラドロップキックがGOOD)もいいけど、やっぱりエメゴジでございまする! と、邦キチは言います。珍しく洋画ですが、どこの国のファンでもこれはなあ、というのを、しかし良かったと言い出すのです。NYの摩天楼を走り回るゴジラ! どんどんジュらしくパークのノリになる! 好物はマグロ! やっぱマグロ食ってるような奴じゃ駄目だな! までやって完全にお前好きなのはいいんだけどもうちょいオブラート包まない? という案件でした。殆どの人が、特部のマネジの言ったように「エメリッヒとは解釈違いなんスよ!」なのに、解釈あったというか、その解釈も楽しんでしまった映子さんの邦キチ具合が際立つ回となりました。
 後、他の人はそれほどでもないかと思うんですが、ヤンヤンのトラウマキョンシー映画回は大変良かったです。どこがいいかと言うと、ヤンヤンキョンシーにトラウマがある、という話だったはずなのに、ヤンヤンのトラウマ部位が全部映画ファン的な意味でのトラウマで、キョンシーに恐怖していた訳じゃない点です。そして、そこについて最後まで誰もツッコミをいれない! 最後に、あれ、これトラウマ意味違うんじゃね? ってなってもそれが正解なのか全く分からないまま終わってしまう! あまりといえばあまりの所業なので、ここで、それヤンヤン、トラウマの位相違うやん! とつっこんで、この気持ちを浄化しつつ、この項を終了したいと思います。こういう技巧があるか、服部先生……。

 人生初ポケモン勢のポケモン記録 の3(ポケットモンスター ソード・シールド)

ポケットモンスター ソード -Switch

ポケットモンスター ソード -Switch

どんな感じ?

 ポケモン遊んでいる、というのを記載する場所です。人生初ポケモンですからね。がっつりやりますよ。

タンパン=コゾーからねがいぼしまで

 前回はたんぱんこぞうがいる所で、ポケモン体力がヤバかったので戦わず撤退しました。しかし、今回は体力は完全にMAX! どういうのが出てきても戦えるぞ! と息巻いていきましたが、相手ポケモン一体だったよ……。なので、わりとさっくりと完勝してしまいました。
 その後も、ポケモントレーナーとの対戦はありましたが、特に苦戦することはなく。流石に総計3戦だったので、体力回復した意味はちゃんとありましたが、ちょっとビビり過ぎた、と反省。だって、ホップは最初から二体いるんやもん! 少し進んだとこならそれ以上に!? ってなるやん……。と言い訳。
 そして到着したのが、ポケモン博士、マグノリアさんの家。眼鏡っ子! いいシルバー具合! と枯れ専ではないのにときめきました。そしてダンデとマグノリアさんが見守る前で、再びホップと対戦!
 しかし、これはいいのだろうか……。あっちは3体に対して、こっちは6体。その上で、相手の持ちはウールーとメッソンまでは知っている。メッソンは、こちらのサルノリが相性よし。自分を知り、相手を知れば百戦危うからずという名台詞を知らないのかよ。そういう盤石ですよ、こちらは。
 ということで、対戦の方はさっくりと勝利。そしてダンデは何が良かったのか、この試合の目的、ジムチャレンジへの推薦を快く。何か刺激になったのかしら? ダンデさんの皆ポケモントレーナーとして強くなれ! 俺を越える、そのお前を越える為には、それが! って思想が完全に『北斗の拳』の修羅の国のそれで、こいつチャンピオンって、実はコワ……案件なのでは。などと思ってしまう。あるいは蟲毒というか。何あの思想。コワ……。
 さておき、ホップとの対戦を終えると、流れ星が! それもかなり近くに着弾! でも全然静か! と言うのはある種当然らしく、それはねがいぼしという、ダイマックスをする為に必要なアイテム。それも、それを上手く使えるようにするマグノリアさんの家の近くで。
 ご、ご都合主義!
 と思いましたがそれはそれでかなり特異なこと、というので、つまり未来のチャンピオンの前に跪いたということですね! と一人調子のいいことをポップアップするなどしました。ホップは永遠の二番手として、俺にかしずけ! という更に調子いいことも。
 さておき。
 ここでは、取り残していた、というか最初の遭遇で一撃で倒してしまったカムカメがいたので軽く叩いてゲットしておきました。序盤だから、そろそろ捕りつくしたかな? と思ったらまだいたので、後で狩る、と決めてこの項は終了。

動画

 この辺りはこの辺りですね。
www.nicovideo.jp

 ネタバレ?感想 クール教信者 『チチチチ』4巻

チチチチ(4) (ヤングチャンピオン烈コミックス)
チチチチ(4) (ヤングチャンピオン烈コミックス)

 大体の内容「ほんとに本番に行かねえなあ……」。万光さんと珍太郎さんの、執拗なまでに本番にはいかない、けど執拗なまでにパイでする。その姿勢は修羅を越え、羅刹を越えて、ある種神域へと向かいだしている。などという訳の分からない言葉がするっと出てしまう漫画なのが、『チチチチ』4巻なのです。
 放っておくと永遠にパイでずるだけになりそうなエロコメとしての部分と、案外マジなストーリーの部分を併せ持つ、という書いてて頭おかしいんじゃねえか? な漫画な『チチチチ』ですが、どちらの面も徐々に収束する方へと向かいつつあります。
 ストーリー面は要素が意外と多岐に渡っているこの漫画ですが、その、珍太郎(女性。所謂デカパイ)さんサイドの方が結構一点に向かい始めています。以前から、珍太郎さんの性に対する異様さというのは顕著で、更に現在の実家の方もどうにもおかしく、それゆえにこの人のバックグラウンドは何かある……!! とされきた訳ですが、今回、その部分の元凶へと話が踏み込みます。
 その元凶、というのが、珍太郎さんとその妹、真名奈さんの育ての親、華名奈さん。この人が様々な意味で、珍太郎さん達を縛っている、というのが今回の巻で分かってきたことです。
 華名奈さんについての情報が出るのは都合2か所。それと分かる一件も含めると3か所ですが、そのどれもが、こいつ、ヤバい! と戦慄を余儀なくされるもの。
 一つは、間接的な部分ですが、真名奈さんが帰省から帰ってきてからの行動です。万光(男性。おぱい絵本作家)に対して、いきなり何かしらの術をかけ、エロ拷問をし始めるのです。この漫画なので当然パイでずるのみですが、幻覚なのか実際にされているのかよく分からない中、ひたすらにちまい姿ながらの豊乳でパイで様々にずる、という桃源郷めいた地獄! こういう状態に真名奈さんを追い詰めた何かが、華名奈さんにはある、ということです。この時点でコワイ! 実家コワイ! と唸らされます。*1
 二つめ。これもやや間接的ですが、珍太郎さんが完全に引きこもりをしているところに、華名奈さんがやってきて、言うことは言って去っていく、というだけのシークエンス。ここに、珍太郎さんの実母(幽霊)が捕捉を入れてくるのです。それによると、珍太郎さんの行っていた高校の風紀を狂わせ、街の雰囲気も淫蕩なものにしてしまっ原因とのこと。何その話ちょっと待って? 何したの華名奈さん!? 事案であります。
 最後の三つめは、とうとうご登場の華名奈さん本人が成程ヤバイ! というもの。そのエロに向かおうとする圧がとにかく凶悪で、真名奈さんが使う謎のエロ術の発端なのが分かりつつ、其れよりも遥かにヤバイ、と納得させるだけの力を見せてきます。なんだよエロコメなのに力って! 案件ですが、本当に力というしかないものなのです。この謎のエロ圧力と、殆ど異星人レベルでは? というエロメンタルが絡み合って、異常!
 と即断させられるのです。成程、こいつはマジヤベーわ。そりゃ真名奈さんもエロモンスなことしてたわ。
 そういう、ヤバいキャラ華名奈さんが、今後どのようにこの話に絡んでくるか、というのが、この漫画の一応の結末へと導く駆動系として立ち上がった、というのが4巻のストーリーの展開なのです。
 さておき。
 エロですよね。今回も究極的にパイでずります。以上! というやつなんですが、このパイでずるタイミングがどんどんと変わってきて、色んな所でパイでずるようになってきました。大学の人の来ないというトイレとかですね。
 でも、個人的にはご同業、絵本作家ですよ? おぱい絵本作家ではありませんよ? な雪代岬さんとの討論、ファミレスでおぱい絵本について、という謎シチュエーションの中でやったとことが一番やべーでしたね。スプーンを、と屈んだところでテーブルの下に入り、やる! という珍太郎さんがヤバイというのを加味させつつ、でもここ以外入れられない! という場面なので理解したい、けどやっぱどうなの!? という疑義も持ち込ませる見事なところでした。軽く刑事罰発生しかねんシーンでしたよ……。でも、だからこそ背徳的で……。
 さておき。
 3巻の時も、これ本番出来るの? というかそれは本番として意味があるの? と思ってきたこの漫画ですが、4巻でも本番は当然なく、しかしパイでずるのは永遠じゃねえよ、無限だよ。レベルであるという、パイでずるの天空城という佇まいでした。ここまで来ると、もう本番じゃ逆に納得できねえぞお! の域に、読者を叩き込んできている。そう言って差し支えないでしょう。むしろここまでパイでずることへの欲望を剥きだしにして、読者を追い込んで、それで普通に本番で終わったら、これはもうキレる以外に何をすればいいんでしょうか。そうなってしまった読者に対し、きっちりとした本番以上のパイでのずり。これで終わって欲しい。そう思うのでありました。
 何言ってんだ私は……。(冷静になった)

*1:ここのシーンは、珍太郎さんの意志の強さが勝る、というので終わりますが、崩れていたら……。