調子崩し気味

最近の気温差は危険な領域

 気温差のせいか、調子が悪い。いつものやつが、気温差で来た感じである。謎の膨満感というか、げっぷが出そうで出ない奴である。往々にしてストレスからくるやつだが、気温差がストレスとなったか。
 こうなると調子回復を待つ以外に手がない。横にもなれないし、起きているしかない。
 しかし、気晴らしがあると気持ちも違ってくる。
 ということで、『喧嘩商売』を読む。VS金田保がマジで壮絶だった。完全に反則の手をどちらも使って、しかしきっちりとした納得のある勝敗。壮絶ってやつですな。後は『喧嘩稼業』に向けたレールを敷いてく感じなんだろうけど、VS金田保くらいの内容が続くってなれば冗談抜きで木多先生は格闘漫画界の至宝になってしまう。そしてこのままいくと今週中に『喧嘩稼業』1巻を買うしかなくなってしまう。俺に、どうしろというのだ……。(買うだけだろ)

金が入ってない

 本日は給料日などと、その気になっていた俺の姿はお笑いだったぜ。いや、給料日のはずなんだけど、入金がなかったのです。明日には入っているのか、それとも仕事で何かしでかしたのか。
 いや、しでかしてはいない。なんか手続き的なとこでミスがあったのだろう。明日話してみるしかない。しでかしてはいないし。
 しかし、金が入ってないので色々と頭の中で被害感が爆裂して、一回カードを通した時にエラーが出た、というのでなにかデータを抜かれたか!? ってなったりしました。そもそも入金がなかったのを確認して、変なこと考えたと猛省するところです。陰謀論に、人はこうしてハマるのか……。(話の規模が無駄)

買った本など

 お金がゼロでは全然ないので、欲しいものはカカッと買っておきました。明日金が入らないと大変ですが、ね。

 『喧嘩商売』18巻から24巻まで。これで商売は終わりまで読める形になりました。終わったら稼業ですね。
 先日買い忘れていた『忍者と極道』は地道に集める方向。3巻置いてなかったような気がするけど、どうしよう。3巻を普通に買うの可能なのか?

 『BLACK LAGOON』の派生シリーズの『エダ イニシャルステージ』と『掃除屋ソーヤー 解体!ゴアゴア娘』の新刊を。それと『ほうかごがかり』3巻。まだ積読しているので、とりあえず1巻読みたいと思います。
 それと、『ぼくはお金を使わずに生きることにした』。図書館で借りた本で名前を見て、興味が出てしまったのです。図書館で借りる手もありましたが、目の前にあったら買ってしまうのが本買いのサガ。
 ということで、まず『喧嘩商売』読み終える方向でやっていきます。

 『ストリートファイター6』コンボトライアル攻略メモ 春麗編

【PS4】ストリートファイター6

もうすぐに色々変わるのですが

 5月22日からバランス調整、それにからめてコンボトライアルも変化すると言われて、慌ててしまっています。来る前までに終わらせたかったけど、ダラダラしてたら忘れていました。コンボトライアル変わる可能性あるとは思っていたのに!
 怠惰はさておき、コンボトライアルRTAの練習から生まれる攻略メモをカカッとまとめておきます。今回は春麗編です。コンボトライアルRTAの為の練習もまだまだ終わりがないですな。配信したいけど面倒になってしまうのがいかん。ちゃんとしないと。
 それはさておき、それでは春麗編いってみましょう。

第17回 春麗

初級6

  • 行雲流水>天空脚>鷹嘴連拳
    • 方法としては天空脚をジャンプでキャンセルしてから、ジャンプ強パンチを二回、と簡単に見える。
    • ただ、ジャンプキャンセルが最速且つジャンプ強パンチも最速を目指さないと、ジャンプ強パンチ二回目がスカります。素早く跳んで素早く強パンチ。

中級2

  • 鶴脚落>しゃがみ中パンチ>中スピニングバードキック
    • 斜め前下の鶴脚落は相手の後ろに行くようにしないと当たらないので、そこは注意。結構近くないといけないのでマジ注意。
    • 鶴脚落を出している段階で下タメしていればいいので、しゃがみ中パンチを上手く繋げられれば後は楽。

中級5

  • しゃがみ弱キック>しゃがみ弱パンチ>OD気功拳>立ち弱キック>中百裂脚
    • 所謂コアコパ、小足小パンチからのコンボ。OD気功拳の後に立ち弱キックを入れる関係上、かなり密着で始める必要がある。
    • OD気功拳からの立ち弱キックは目押し。連打しててもいいんだけれど、その後が中百裂脚なので、そこでミスりやすいので注意。

中級6

  • しゃがみ弱パンチ(カウンター)>しゃがみ中パンチ>ODスピニングバードキック>弱百裂脚>OD天翔脚
    • しゃがみ弱パンチがカウンターならつながるコンボ。タメ時間的には結構楽。ただODスピバの後、弱百裂で拾うのが意外とむずい。早めに当てないとOD天翔脚で拾いにくいので、素早くコマンドを入力したい。

中級7

  • 発勁>行雲流水>天空脚>鷹爪脚>鷹爪脚>空中百烈脚
    • 天空脚からの鷹爪脚は最速ジャンプから下を入れつつ中キック、なので結構混乱しやすいです。下入れてないとでないし、ジャンプ中キックになっても繋がらない。結構注意が要ります。
    • また、鷹爪脚は三回目を出すと相手が落ちるので、二回目から空中百裂。これが意外とむずい。空中百裂のボタンを弱にするとかで調整しましょう。

中級9

  • しゃがみ中キック>キャンセルドライブラッシュ>立ち中パンチ>発勁>強百裂脚>気功掌
    • キャンセルラッシュから攻撃は素早くするのが肝要、ですが立ち中パンチは横要素入れていると追突拳になるので気を付けないといけません。
      • その次が発勁で後ろ要素入れないと、なのでここが混乱しやすいです。更に百裂脚のコマンドを、と考えるとさらに混乱します。落ち着いて一つずつ入れていく感覚を覚えたいところです。

中級10

  • 立ち強キック>行雲流水>仙鳳>OD百裂脚>鳳翼扇>ジャンプ中パンチ>鷹爪脚>鷹爪脚>空中百裂脚
    • まず立ち強キックからの行雲流水。これは行雲流水なら立ち強キックはキャンセルできる、というネタです。
    • そこからの中キック派生仙鳳から、OD百裂脚を当てて最後の攻撃をキャンセルするつもりで鳳翼扇。タイミングが独特なので慣れましょう。
    • 鳳翼扇の最後の蹴り上げはジャンプキャンセル可能。なのでジャンプ中パンチが入りますが、ここが注意がいります。着地ギリギリでジャンプ中パンチを出さないといけないのです。
    • ギリで当てた後、即ジャンプして鷹爪脚、も難度高め。上入れてすぐ下、なので混乱しやすいところです。
      • まず鳳翼扇を出して追撃を練習してから、鳳翼扇以前を繋げるようにすると分かりやすいかと思います。慣れないと後半混乱が強いですから。

中級11

  • パリィドライブラッシュ>水蓮掌>立ち中パンチ>キャンセルドライブラッシュ>立ち中パンチ>発勁>弱覇山蹴>蒼天乱華
    • パリィラッシュからの中段コンボ。立ち中パンチ>キャンセルラッシュ>立ち中パンチ>発勁の一連の流れが難所。横要素を上手く入れないように立ち中パンチを当てないといけない。ボタンでキャンセルラッシュをするのが一番楽でしょうか。
    • それでも立ち中パンチ>発勁>覇山蹴は混乱しますし、その後に更に蒼天乱華なので、ごちゃごちゃしてます。発勁>覇山蹴>蒼天乱華から練習するのもあり。

上級1

  • しゃがみ弱キック>立ち弱パンチ>キャンセルドライブラッシュ>立ち弱パンチ>発勁>行雲流水>天空脚>鷹爪脚>鷹爪脚>鷹爪脚>空中気功掌
    • 難所は立ち弱パンチからキャンセルラッシュして立ち弱パンチ経由の発勁と、鷹爪脚三回からの空中気功掌。
      • 立ち弱パンチキャンセルラッシュからの立ち弱パンチはタイミングがシビア。そしてすぐ発頸。展開が早いので注意。
      • 鷹爪脚三回は普通に連打でいいものの、三回目が当たると相手がすぐに下に落ちるので、かなり素早く気功掌ださないといけません。
    • なので、前半と後半を別々に練習して合わせる、という風にしていくのが一番かと。それをつなぐ発勁>行雲流水>天空脚も慣れておきたいところです。

上級2

  • 追突拳(パニッシュカウンター)>行雲流水>前突>OD百裂脚>鳳翼扇>ジャンプ中パンチ>強百裂脚>気功掌
    • 難所は鳳翼扇の後。追突拳からの前突もちょっと難ですが、それより鳳翼扇の後です。
      • ここも中級10のように最速で跳んで着地ギリギリでジャンプ中パンチですが、その後の強百裂脚が難度が高いです。上手く着地ギリギリでジャンプ中パンチを当てて、即強百裂脚を出さないと繋がらない。マジで最速を求めらるので上手く出せるようになりましょう。その後の気功掌は強百裂脚よりは楽です。先行入力活用ですね。

上級3

  • 立ち強パンチ(カウンター)>行雲流水>前突>キャンセルドライブラッシュ>発勁>行雲流水>仙鳳>OD気功拳j>立ち中パンチ>しゃがみ中パンチ>中スピニングバードキック
    • 簡単そうに見えて意外と難しいコンボ。難しいのは前突、行雲流水から弱キック、からのキャンセルダッシュから発勁。極めて早く発勁を当てないといけないのでそれが難度に繋がります。
    • その後のOD気功拳からのコンボは近くないとできないので、立ち強パンチの段階でちゃんと近づいてないといけない。そもそも前突も近くないと当たらないので、密着気味でやるのが安定です。
    • 発勁から行雲流水>仙鳳>OD気功拳はタメのタイミングが難しめ。行雲流水入力から後ろ入れっぱなしが一番楽かも。
    • OD気功拳>立ち中パンチ>しゃがみ中パンチは全部目押しで、ここもそこそこ難度あります。ここも分けて練習しましょう。

上級4

  • パリィドライブラッシュ>発勁(パニッシュカウンター)>強覇山蹴>しゃがみ中パンチ>キャンセルドライブラッシュ>発勁>しゃがみ中パンチ>ODスピニングバードキック>弱百裂脚>蒼天乱華
    • ドライブラッシュとパ二カンを合わせて強覇山蹴を強引に繋げていくという強引なネタから、ドライブラッシュからの発勁でしゃがみ中パンチに、という使い道のあるネタまで取り揃ったネタコンボ。ドライブラッシュからの行動に慣れていると簡単かもしれない。その辺のスキルを求められるコンボといえるでしょう。
      • この辺はやはり慣れが重要なので、ここは慣れるしかない。慣れれば他のキャラでも活用できるスキルですから、慣れましょう。
    • ODスピバ>弱百裂>蒼天乱華は順繰り出していればいい。特に弱百裂からスパキャンは必要ないのはおぼえておきたいところ。

まとめ

 全体的に慣れ重要なとこが多いのが春麗のコンボトライアルと言えます。鳳翼扇の後のコンボとか、ドライブラッシュ絡みのコンボとか、いきなりできるタイプではないので、十分に練習していきたいところです。
 とかなんとか。

 ネタバレ?感想 浜弓場双『魔女の花屋さん』1巻

魔女の花屋さん(1) (アフタヌーンコミックス)
魔女の花屋さん(1) (アフタヌーンコミックス)

 大体の内容「へえ、綺麗なとこ(漫画)じゃないの」。今現在、まんがタイムきららキャラットで大絶賛汚れ役中の浜弓場双先生の綺麗な漫画。それが『魔女の花屋さん』なのです。
 というか、至近の『おちこぼれフルーツタルト』があまりにも汚れ仕事。なのに浜弓場双先生が活き活きしまくっているようにみえるせいで、絶賛汚れ漫画家のアトモスフィアをまとっているのが現状です。
 そんな中で、この『魔女の花屋さん』が登場だ! したので、浜弓場双先生ファンとしては警戒心をもってしまうところです。アフタヌーンで悪さしてたりしないよね? となるのです。
 この考えは杞憂でした。とりあえず1巻範囲内でいかれた展開にはなっていません。
 話としては、魔女になるべく街にきたマリーさんが、花の魔女ヨシノさんに師事して街で奮闘する姿を描いたものです。設定面もいかれてないし、話の方向性もいかれてない。非常に素直に楽しめる漫画になっています。
 この漫画の表面であるマリーさんが小気味いいというか、非常に打てば響くタイプのキャラであり、対して裏面である花の魔女であるヨシノさんがそれにどう反響していくか、みたいな雰囲気で話は進行します。何年も停滞していたっぽいヨシノさんが、動き出すことになるのか。それはどうやってか。というのが見所になってくるのだと思います。
 しかし、繰り返しになりますが非常に綺麗な漫画です。浜弓場双先生の独特ながらもふつくしい……。絵にいかれた精神性のキャラがわちゃわちゃするのが『おちこぼれフルーツタルト』で、ちゃんとした子たちがわちゃわちゃするのが『魔女の花屋さん』だと言えます。裏表です。
 魔女花の方はまだ登場人物は多くはないですが、それがマリーさんの行動半径がまだ狭い、というのと絡まっており、キャラをバシバシ出しまくる! といかないよう上手く制御しているという印象です。1巻最後の方でヨシノさんの知り合いの魔女っぽい人が特に説明もなく出てきましたが、そこはまたいずれ、という感じでコントロールしている感じです。
 そんなにじっくり行って大丈夫か? ですが、大丈夫だ、問題ない! って感じなのもいい。
 マリーさんが街に来たのは、魔女になる為、なんだけどもう魔法は効率が悪いし、機械文明も発達してきたから魔女学校辞めたのよ、と言われる辺りで、この世界の魔法というのがどういう立ち位置かささっと分かります。
 が、その上で、それでも魔女がいるし、なんかとんでもない力もってるっぽいし、というのを見せることで、単純に効率だけの問題でもないのでは? というのを匂わせてきます。ヨシノさんは結構上位の魔女ぽく、更に不老長生な模様ですが、その人生の中で魔法が廃れていくのをどう見ているのか。あるいはそれでもやってきたマリーさんをどうするつもりなのか。その辺がこの漫画のキーになってくるかと思います。端的に言うとできそうなこと多くて展開が読めないです。
 それにしても可愛い女の子が次々出てくる、という仕様なのに、また女の子ばかり出して―、ってならない辺りが特筆すべきいい塩梅です。基本的に一つの話に一人女の子出るくらいの出現率ですが、その出現率がいいッ! その出現率がベストッ!! ってくらいにいい具合です。話のメインになる部分と、見映えのメインになる部分をきっちり出しつつ、話を回している感じ。
 特にオリビアさんとの話は、マリーさんが仲良くなりたい! と力強くいう辺りでこの子いい子やな。ってなるので大変良いものでした。その後の回で対話の中で、花について感じることとは? というヨシノさんのお題が解決します。こういうキャラが増えることが大変ポジティブに、仲良くなっていくことで解決することも増えていく、というのが見える。そこからこの漫画どうなるのか、が仄かに見える気がしてきました。
 これはとても大変な道な気もしますが、そうであってもこのノリできっちり魅せてくれそうな漫画となっています。マジで『おちこぼれフルーツタルト』の異端性が浮き彫りにもなりますが、それはさておき、末永く続いてほしいところです。
 とかなんとか。

 感想書く前に

里美U『平成敗残兵すみれちゃん』と浜弓場双『魔女の花屋さん』を交互に読む

 すみれちゃんは思ったより変な話ではなく、また魔女花もまた思ったより変な話ではない。
 里美U先生の方は前作から比べて変なネタ、コスプレグラビア写真集というの持ってきているけど、そこでまだ癖は出していないというか。いや、まあ変なアトモスフィアがないようであるようで、というギリギリのラインを攻めてるのがこの漫画の良さですから、それでいいんだけど。そこが逸脱しだしたら見ものだぞ……。ってなっています。
 浜弓場双先生は『おちこぼれフルーツタルト』が様子が怪しいので、こっちは逆にキレイな浜弓場双先生が見れるだろう、と思ったらちゃんとキレイな浜弓場双先生だったので、むしろ『おちこぼれフルーツタルト』がなんでああなんだよ。ってなりました。あれだから唯一無二にはなってんだけども。
 どちらも思ってたよりいい漫画だったので、読み終わったら感想書きたいところです。お互いで口直ししているから、じっくりとしか進まないのだ!

爪の件

 前に足の親指を堅いものにぶつけて怪我したのですが、その爪の中の色が変わっているとこにエントリーだ! してみました。軽く突いたら、血が抜けないかなと思いまして。
 で、つまようじで軽く突いたら、血がじわりと。
 本当に出るとは思ってなかったので、慌ててティッシュで血をふき取り、で、観察したら、爪の中の黒い部分がなくなりました。あれはやっぱり血だまりだったか。もしかして糖尿系統のあれだったらどうしようか、ってビビってたんすよ。
 さておき、血は抜けましたが、問題が発生。
 爪が、ふわふわと浮く。
 どうにも爪の基幹部分というか、元のところにダメージがあったようで、爪がはがれそうなのです。
 これで引きちぎってしまおうか、と一瞬錯乱しましたが、とりあえず爪が再生するのを待つのが上策だろう、ということに。こういうのを見ると引きちぎりたくなる性癖なので、マジではがしたいんだけど、ガマンの子。絶対出血するからね。
 とかなんとか。

 な、なにーっ!?(ジョナサン=グレーン声で)

『いじめるヤバイ奴』が全く見つからない

 『喧嘩商売』がそろそろ佳境なので、『喧嘩稼業』をkindle版を買う用意をしつつ、その次として『いじめるヤバイ奴』をどうにか手に入れよう、というので本屋のアプリで在庫ないかと見れば在庫は当然0、だと……? ってライフが0になった4顔になってしまいます。
 今日は、今日が半ドンなんで、昼の時間を使って古本屋を漁りましたが、全くかすりもしない。1巻すら見当たらない。
 どうにも、郷里には古本すら全くない模様です。もうちょい探せば、かもですが、とりあえず行動半径の中には全くない。
 き、kindle版の時間だー!
 斜線を引かない。
 いや、引く。そこはもうちょっと違う手を考えたい。
 つまり、メルカリだー!
 とはいえ、メルカリでもあるのかどうか、というのでカカッと調べてみた。が、今一つ。値頃感がないというか。
 それ以上に、それをすると中村なん先生に金がビタ一入らないという点に気づいてしまいました。Amazonで普通の本を買うのも無理なので、やはりき、kindle版の時間だー! なのです。
 本の方が手に入らない、Amazonですらない、なのでマジkindle版しか中村なん先生に金が入る形で手に入れる方法がないのです。それと、よく見たら20巻近く出ているので本棚スペースの限界もあり、ここはkindle版しかない! と本国流法しかない!顔をしてしまいます。
 とはいえ、まだ『喧嘩稼業』にも到達してないので、その後にするのがベターであろう。今の『喧嘩商売』の読破スピードからすると、来週には『喧嘩稼業』のkindle版を毎週1冊買う、くらいになるかと思います。

って、思うじゃん

 今日の古本屋巡りで一つの収穫がありました。
 『喧嘩稼業』が揃っている古本屋があったのです。
 これを見つけた時の脳内スキームは複雑怪奇だったので詳しくは解説しませんが、とりあえず木多先生、すまぬ! って一回なりかけたのはしょうがないと思っていただきたい。普通に買うより格安なのだ! しかも今すぐに全巻が!
 まだ『喧嘩商売』も終わってないので、ここは斜線を引かない。可能性を残しておく。
 じゃねえ! 木多先生に印税を納める為にkindle版買うんだろうが!
 ということで勝手にその辺の倫理を自分に課してしまいます。その為の備蓄もしているのに、今更揃えられるかよ! というか場所ねえって言ってるだろ!
 でも本当に迷いました。『喧嘩商売』を読み切っていて、あのタイミングで時間がもう少しあったら買った可能性すらあります。危なかった……。

とか言いつつ『喧嘩商売』17巻まで読み終わったのです

 明日18巻から24巻まで買いに行きたいですが、今日うろついたので明日はもう出たくない。そして『忍者と極道』を買うのを忘れてたけど明日はもう出たくない。明後日か明々後日に行こう。明日はもう出たくない。
 とかなんとか。

 CPU戦! そういうのもあるのか。(井の頭五郎面で)

思ってたのとは違うけど、効能はあるにはあった

 『ストリートファイター6』のプレイのたびに、超緊張する、というのが最近の悩みでした。
 緊張するにも程があるというか、あまりに緊張して一人と相対した後に手が震えてしまって精妙に扱えなくなる、という状態になるのです。更には調子を崩してしまい、げっぷが出そうで出なくて、おうえええ、と変な声が出てしまうくらいになるまであります。
 なのでネット対戦するにはかなり精神的なハードルがあり、この後調子崩しても大丈夫でないと、という斜線を引くことばかりで、ろくに対戦出来ていませんでした。
 これはいかん! ということで今日は策を持ってまいりました。その策とは、CPU戦をすること。
 CPUは対人戦と同じように動くわけではないにしても、相手が動く中でこちらが動く、という感覚をワンクッションいれる。これで少しは気晴らしになるのでは? と思ったのです。
 で、今回はプラクティスでLV7のCPU相手にして、しばらく戦ってみてから、対戦に移りました。
 これが功を奏したんですよ。いつも超緊張するのに、それもなく、かなり楽に対戦に向かえました。
 これがどうしてか、と考えましたが、基本的にネット対戦する時はどっかのカイザー顔で「負けたくないー!!」というのが全面に出過ぎていたのではと。だから、勝ち負けに対してもうちょいフラット、というよりは負けを怖がり過ぎないようにするのが手だったのです。
 そこに、CPU戦で負けまくることにより、負けることに対して忌避感が薄れたのが、緊張しなかった要因なのでは? と。
 CPUに無茶苦茶されたけど、それが怪我の功名となった模様です。これが一回だけの効果なのか、ちゃんと常に効くのかは分からんですが、とりあえず対戦前にCPU戦してほぐすのをやっていきたいと思います。これが常に効くと助かるんだけど、効いてくれい!

5月15日のスト6の戦績

 16戦7勝9敗。
 負け越しですね。勝ち確でコンボミスしてパリィしてた時はどうしようかと思いました。そこは当然負けました。

くたびれている

 この上までが昨日書いたもの。で、本日は昨日のように対戦しようか、と昼頃は思っていたのですが、思いっきり夕寝したのと、それでも疲れが抜けきってなくて疲弊の状態なので、本日は順延という形になりました。
 某うさみ主任の言葉の様に、人生に万全というのはないのですが、とはいえこの疲れでやると多分ぶっ倒れる、というくらいヘロヘロなので、今日はもう早々に横になろうかと考えています。明日は仕事があるのですから、そちらにちゃんとできる力は回復しておきたいところです。

とはいえ『喧嘩商売』は面白い

 またぞろ『喧嘩商売』をちまちま読んでますが、かなり理路が整然としておる。16巻の試合前から下剤飲ませあいしてる十兵衛と金田の卑怯合戦が、ただ下剤飲ませあうだけなのに超面白いという謎仕様。こんなとこから面白いってなかなかないぞ。格闘漫画界の至宝とか呼ばれるのも、格闘の部分ではないところけどうなずける。
 とかなんとか。読みながらすやすやします。

 ゲームは増えるよどこまでも

やりたいゲームが増殖していく

 ゲームが欲しいのです。『DEVIL BLAED REBOOT』とか、『ウィッチ・アンド・リリィズ』とか、インディーズ系が最近気になっております。その辺の新作だけではなく、情報を見て欲しいな、となってsteamのウィッシュリストやSwitchのほしいものリストにそういうのをぶち込んでいたら、相当数のしたいゲームがある状態になってしまいました。
 安くなったら順繰り買う、という購入行動にも出ており、しかし出来るゲームには限度があるのだ! となっても、いつかやるさ。という希望的観測でカカッと安売りを購入してしまいます。
 しかし、ゲームを買いすぎて飽和状態になっており、どうしたものか、というので前にスパロボ30に注力だ! とかやった記憶がありますが、スパロボ30は少し飽きがきていまして、ならば違うゲームをすればいいのよ! となっています。スパロボ30はクリアまで、時間がかかるからね。
 なので、『パラノマサイト』をやる方がいいか? という段階となっています。半分くらいまでやっていると思われるので、後はクリアまでカカッとプレイすれば意外と早く終わると予想しております。いい加減放置も長いので、まずこれをクリアしていこう、ということになりました。今。
 ということで、早速プレイだ! の前に日記をちゃんと書いておきましょう。

親指の状態

 昨日怪我した足の親指は、一日経ったら色が引くかな? と思いましたが全く変化なし。普通にしていると痛くないんだけど、触るとちらっと痛い。しばらくこの状態が続きそうです。とりあえず、動いている時に痛くないのは幸いです。動いて痛いと、歩くのに支障が出るからね。
 支障が出る感じでないのはいいものの、触ると痛いので爪が切れない。少し伸びてきているようにも見えるので、切りたいがやると痛みが走る。伸びすぎると割れれ大惨事スーパーロボット大戦である。上手く切りどころを見つけて切るしかない。というかはよ治れ。

kindle版を買った本

メガネさんとおいしい湯気。 (ぶんか社グルメコミックス)
 なぐも。先生の『メガネさんとおいしい湯気』ですね。元はkindle版を買わず、紙の本を買う予定だったのですが、買いに行く日に在庫があるのか? というのが本日現在のAmazonの売り切れ状態を見て不安となりまして。そして、どうせならどっちも買えばいいじゃない! となりました。紙買えなかったら買えなかったでkindle版を愛でればいいのです。まあ、買えるとは思うんですが、一応念のために。

kindle版といえば

 おしおしお先生の『しかのこのこのここしたんたん』のkindle版を買うか迷っています。紙の方が欲しいんですが、重版される様子がないので、かなり悩みどころです。場所をとってもいいから紙で欲しいのです。この辺の機微が自分でも良く分らんですが、流石に20巻も出ることはないだろう、という楽観もあります。そこまで延々と続いたら、神はタヒんでいると思います。そういうギリギリのやばい感じの漫画、だからこそ紙で欲しいのです。早く重版してくれー!
 とかなんとか。